肌老化80%の原因は加齢では無かった!

紫外線対策

紫外線が肌に良くない理由とは?

今回は、日焼け止め紫外線対策のお話です。

そもそも何で紫外線がいけないのか?

なぜ紫外線がお肌に良くないのか?について解説します。

1つは将来的にシミができたり、肌の色が黒くなってしまったりすること。

ですので毎年々皆さんは、高い日焼け止め効果がある日焼け止めを探して使用していますよね?

でも実はもっとすごい事実があるんです。それはすべての人間は必ず老いていく、という事実です。
そしてその原因の80%にあたるのが実は光老化なんです。

光老化って何?

光老化っていうのは、紫外線を浴びることによる老化のことで、年齢を重ねていくことによる老化の要因って実はたったの20%なんです!驚きですよね。年齢を重ねることによる老化よりも、光老化によって肌がおいていくのって恐ろしいですね。
具体的に光老化っていうのは、
・肌に張りがなくなってしまい、しぼんでしまう
・シワができてしまう
・たるんでしまう
そういったところです。

そもそも紫外線には
A派とB派があるっていうのはご存知でしょうか?

結構有名な話なので知っている方も多いと思いますが、SPFとPAです。

肌の表面に入ってきてシミとか黒くなったりするっていうのが紫外線B派で、これを防ぐ数値が高いいうのがSPFっていうところを見ればわかります。

もう一つがPAですね。これが紫外線A波にあたって、A派っていうのがお肌の奥、真皮って言う奥の方まで入ってきて肌の老化につながるのです。

やっぱり春夏の方が紫外線量っていうのはA波もB波も多いんですが、曇りの日も最近焼けるって言いますよね。
あれは主にA波のことです。
シミの原因になる原因のB派は天気によって結構左右されて、たるみにつながる雨曇りの日も全然あるっていう感じです。

ところで、SPFの50とか30とかいろいろあるけど、どうやって選べばいいでしょう?

SPF50って高いなっ!なんか強そう!って思いますよね?
でもあれば紫外線を浴び続けて、お肌が赤くなるまでの時間を引き伸ばしてくれるっていうものなんです。

なのでSPF 50塗った方が日焼けしにくいっていうのは、長時間経った時に、日焼け止め効果があるっていう目安の数字覚だと思ってください。
長時間肌が赤くなるのを防いでくれるならSPF高い方がよりいい感じがして、高いやつ買っておけば間違いない!と思うかも知れませんが、SPF 50点やっぱり肌への負担が高いんです。

つまり冬とかあんまり日に当たらない時、ちょっとだけ外出する、なんて時にはSPFの数値が低いものの方ががお勧めです。

ちなみに今年の日焼け対策のトレンドは、、、

・大気汚染対策(PM2.5)
・花粉ブロック
・ブルーライトカット
・赤外線カット

です。
これらの機能が全部備わったのがいくつか発売されています。

結局1番肌に直接害を与えるっていうのは紫外線で、紫外線が1番悪いのか!?って感じると思います。

でも最低限の紫外線は浴びないと骨密度が下がっちゃうんです。紫外線をあまりにも浴びないと、将来骨粗しょう症になったりとか、すぐ骨折ってしまうとかという身体になってしまう恐れが生じます。

人間として生きていくためには、紫外線は必要なものっていうことは忘れないでくださいね。

でも完璧に紫外線を防ぐこと何でそもそも出来ないので、あんまり気にしなくてもいいかなとは思います。

コメント